<< 愛の工学「地上から天上まで」(4) | main | 愛の工学「地上から天上まで」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

愛の工学「地上から天上まで」(4ー2)

 聖徒が成長するためには、神が立てられた僕達のことば(聖書)を習うだけでなく、従順に従って、祈りを通して運動力と思考を新しくし、行動においては、形体化(体験)せねばなりません。下の人には、神の御ことばにより、訓戒し、祝福して守るようにする。もし、誤っていたら、赦し代わりに代価を払う(損をうけても)ことである(ガラテヤ6:6、汽謄汽蹈縫5:14〜15)。

 

そこで、私は、あなたがたのうちの長老たちに、同じく長老のひとり、キリストの苦難の証人、また、やがて現れる栄光にあずかる者として、お勧めします。あなたがたのうちにいる、神の羊の群れを、牧しなさい。強制されてするのではなく、神に従って、自分から進んでそれをなし、卑しい利得を求める心からではなく、心を込めてそれをしなさい。あなたがたは、その割り当てられている人たちを支配するのではなく、むしろ群れの模範となりなさい。そうすれば、大牧者が現れるときに、あなたがたは、しぼむことのない栄光の冠を受けるのです。同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。みな互いに謙遜を身に着けなさい。神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。(汽撻謄5:1〜6)

 

 上下の人間関係も、御言葉の関係がないところには、神が働かれません。それが、つまり、世の中です。神が立てられた人間関係、御言葉関係にあって、愛を成就する所が教会、社会(職場)、です。教会、家庭、職場は上下の御言葉関係を通して、霊的成長が維持されるのです。上下の関係がこわれると、これ以上の霊の成長はなくなります。これが群れつまり群衆です。群れとは、各自が自己の欲望で動く集団です。この群れの運動力を制度として組織したのが、世の中の制度です。それ故に、世の中の制度には、まことに整った人格成長があり得ません。

 神の愛は、上から下に、流れる愛であり、御言葉を通しての"教訓ー戒め(運動力)"の愛であり、各自が神から受けた位置を通して自我を無にする愛を通してだけ、現実化するのです。聖徒は自己の欲望に従って、あちこちに群れを作り、行き来する群衆からは離れることです。

 

さて、全地は一つのことば、一つの話しことばであった。そのころ、人々は東のほうから移動して来て、シヌアルの地に平地を見つけ、そこに定住した。彼らは互いに言った。「さあ、れんがを作ってよく焼こう。」彼らは石の代わりにれんがを用い、粘土の代わりに瀝青を用いた。そのうちに彼らは言うようになった。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」そのとき主は人間の建てた町と塔をご覧になるために降りてこられた。(創世記11:1〜5)

 

 天と地が上部構造と下部構造になっているように、人の体も内なる人と外なる人からなっています。内なる人が上部構造に(天のしくみ)に、外なる人が下部構造(地のしくみ)に合致します。ですから、内なる人は天から降る意識(ことば)をもって、自分自身を満たします。そして祈りを通して外なる人を服従(運動)させることにより、形体化、つまり神の御言葉を実際に体験(意識)するようになります。

 このように、神が私たちに与えて下さった天の御国(教会、家庭、職場)には、必ず人によって構成される上部構造(天の通路になる方)と下部構造(地の運動になる人)とから構成されています。牧会者にとっては、上部構造が復活された主であり、下部構造が自分自身である。

 ですから、牧会者は自己の下部構造である教会員たちを監視し、治めることだけを考えないで、まず天の御国(上の方)を求め、自分自身を無にして、主に従い(汽灰螢鵐9:27)、その次に主の御旨に従って自己の下部構造である羊の群れを導かねばなりません(汽撻謄5:1〜4)。

 家庭でも、妻は家庭の上部構造に当たる主人(神の型)に従い、その恵み(主人を通して受ける祝福)を持って、子どもたちを神の御言葉にあって、訓戒し養育するのです(エペソ6:1〜4)。

 このような御ことばを通しての上下構造が『体』といいます。家庭も、教会もみな体です(ローマ12:2〜3、創世記2:24〜25、汽灰螢鵐12:13)。

 神から与えられた体は人が人となる構造(天の御国)であり、この体を建て上げないと各々の人は獣のように滅びるほかありません。

 

次回に続く・・・

posted by: 神の小羊 | 霊性牧会 | 16:38 | - | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:38 | - | - | - |